2017年10月

家飲みが幸せになるパルシステムの冷凍焼き鳥

2017年10月13日
パルシステムに時々登場する冷凍の焼き鳥。特別価格になってたので注文しました。
注文品
冷凍焼き鳥の値段

8本700円ということは1本87.5円ですね。冷凍焼き鳥はフライパン調理品で、むらなく焼けるよう肉が四角くカットされてます。

鶏肉はパルシステムの産直鶏です。生産者がパルシステムのガイドラインに沿って育てた鶏肉で、にわとりに一切抗生物質を与えてません。

パルシステムの産直鶏は、鶏肉特有のくさみがありません。スーパーの鶏肉って時々変なニオイが気になるのですが、パルシステムのは全然平気。煮物やスープに使ってもアクが少なく、肉質も柔らかいです。

こちらはカタログから引用した冷凍焼き鳥の商品紹介文です。

一般的なブロイラーは、法定休薬期間(出荷前7日間)を除き、飼料に抗生物質などを添加している。一方、パルシステムの産直鶏は全期間、飼料に抗生物質や合成抗菌剤を使わずに飼育。モモの肉質はくせがなく、うまみがしっかりしているのが特徴だ。


それゆえ割高なんですよね。鶏胸肉は100g95円〜、唐揚げ用モモ肉は100g156円。中でもうまみが濃い「米沢郷鶏モモ肉」は100g227円。どひゃー。

我が家の財布事情では、しょっちゅう食べられるものではないです正直。ハイ。だから冷凍焼き鳥の特別価格は飛びついた(笑)

完成写真

モモ肉の脂身がほどよく、ぷりっとした歯応えでおいしい。味付けは塩。焼き鳥にしては薄目ですね。ビールのお供には物足りなかったので、塩を少々ふって食べました。

焼き鳥のボリューム感はスーパーのとほぼ同じ。でも鶏肉そのものがおいしくて、薄目の味つけだからパクパクッと食べ進みます。女性の私で、8本入りを2回で完食しました。男性だと1回で食べ切っちゃうかも。

でも一人で焼鳥屋に入れないから、気が向いた時に家でおいしいのを食べられるのはうれしい。買って正解でした。
プロフィール
管理者:はなえ

40代女性、横浜市在住。パルシステムの利用歴5年。カタログはきなりを使ってます。茨城の実家も加入中です。

※お願い※
ブログで紹介した商品の値段は、注文時点のものです。青果は産地の天候や収穫状況、加工食品は原料の価格変動に大きな影響を受けます。あくまでも参考としてご覧ください。
2017年 10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
サイト内検索
リンク集