< 1 2 3 4 >

2017年6月3回注文・蕎麦、米酢、エコ野菜、きのこ

2017年06月22日

今週の注文は、エコ・レタス、エコ・じゃがいも、まいたけ、蕎麦、純米酢です(集合写真に入れ忘れ)。

レタスとじゃがいもの前についてる「エコ」というのは「エコ・チャレンジ」の略、いわゆるパルシステムの減農薬野菜です。詳しい説明はこちらをどうぞ。→https://sanchoku.pal-system.co.jp/sanchoku/anzen.html

レタスの値段
パルシステムのレタスは新鮮。それにビニール袋で個包装されてるから衛生的で安心です。スーパーのレタスの陳列は、時々雑菌の繁殖が気になるんですよね。神経質?

じゃがいも値段
じゃがいもも、エコ・チャレンジが安かったので注文。ポテトサラダにするつもり。

まいたけ値段
まいたけ実物
まいたけは雪国まいたけ製でした。ボリュームはスーパーで売ってるのとほぼ同じです。スーパーより安く買えた。ラッキー。

二八そば値段(クリックで拡大)
自分的に、今週の超目玉食品。パルシステムのオリジナル蕎麦です。香りが良くておいしいんですよね。市販より割高なので、特価時にすかさず注文してます。

二八そばのセールスポイントは国産原料です。遺伝子組み換え食品NO!な方にうれしい。そば粉は国産、小麦粉も国産。ちなみにスーパーに並ぶ商品は小麦粉の産地まで言及しないものが多いです。

パルシステムより安い二八そばはあるけど、そば粉が外国産。国産そば粉の二八そばになると、350円前後が相場みたいです。

純米酢
パルシステムの米酢は国産米を使用。清酒から発酵させた自然醸造酢です。原材料は米(国産)、酸度5%。値段はこちら。


料理はもちろん、果実酒を割ってもおいしい。味と品質を考えると、良心的な価格だと思います。

パルシステムのツナフレーク缶は化学調味料不使用の自然な味

2017年06月21日

ツナ缶は一人暮らしで大活躍するストック食材。以前はスーパーの特売日にまとめ買いしてましたが、今はパルシステムのツナ缶を愛用中です。

市販のツナ缶は何が入ってるの?


パルシステムのツナ缶は食品添加物不使用です。…と書いてみて疑問が。ツナ缶に添加物って入ってたっけ??なんとなく缶詰=保存料不使用のイメージがあったのですが。

早速メジャーな銘柄で原材料名をチェックしたところ、「調味料(アミノ酸等)」の表記をちらほら発見。調味料(アミノ酸等)は化学調味料の一種で、いわゆる味の素。別名MSG(グルタミン酸ナトリウム)と呼ばれています。

(クリックで拡大)

グルタミン酸ナトリウムは加工食品やコンビニ弁当をはじめ、外食でも広く使われてます。実際、安いラーメン店はスープにグルタミン酸ナトリウムを入れてます。これは有名な話。

グルタミン酸ナトリウムは料理に強いインパクトを加えるため、味覚への悪影響が言われてます。子どものうちから強烈な味に慣れさせると、食材がもつ淡い風味を感じ取れなくなるとか。また長期使用による健康への悪影響も懸念されてます。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/shokuten/chomiryo.html
https://ameblo.jp/dr-smile/entry-11539567953.html

ただし、すべてのツナ缶がグルタミン酸ナトリウムを配合しているわけではありません。無添加にこだわるメーカーもあり、そのひとつがパルシステムです。

パルシステムのツナ缶は鮮度の良いまぐろを、質の良い菜種油や国産野菜のスープに漬け込んで缶詰に加工。食感が柔らかくて、何もつけずに食べてもおいしい!もちろんマヨネーズとの相性抜群(笑)サラダから煮物まで幅広く使えます。

値段は、通常価格が3缶378円(税込)。私は年に数回出る徳用9缶セットを狙ってます。徳用なら市販のツナ缶と同じくらいの値段で買えるんですよ。

(クリックで拡大)

缶汁は一人分の味噌汁にぴったり


私が常備しているのは「ツナフレーク缶ノンオイル」です。ツナ缶の汁は捨てずに保管し、味噌汁やスープのだしに利用できて便利です。

一人分の味噌汁なら鍋要らずで作れます。ツナ缶の汁を全〜半量、乾燥わかめや刻みネギなどの具、味噌をお椀に入れ、上から熱湯を注ぎます。よく混ぜたら完成です。

ツナ丼なら約1回分。サラダなどの料理に加えるなら1〜2人分くらいを目安にどうぞ。カタログきなりでは「加工品」ページに載ってます。

2017年6月2回注文・冷凍食品、トマト、食パン

2017年06月15日
今週の注文は吉野屋 牛焼肉丼の具(冷凍)、トマト、こだわり酵母の食パンです。


パルシステムでは吉野屋の冷凍食品を扱っており、きなりでは2食セットで購入できます。今回注文したのは牛焼肉丼。お店でおなじみの牛丼も、パルシステムで購入できます。
牛焼肉丼の具、外袋
牛焼肉丼の具、盛りつけ
今回の特別価格では、1食あたりの値段が377円です。公式サイトといい勝負。とはいえ内容を考えると、パルシステムの方がお買い得かも?

パルシステム向け・吉野屋の牛焼肉丼の具の値段
実はパルシステム向けの冷凍牛焼肉丼は、国産牛肉を使用しています。公式で販売する商品は北米産の牛肉です(公式サイトの商品情報より)。
パルシステム向け・吉野屋の牛焼肉丼の具の原材料表

パルシステムの冷凍食品は、なるべく国産原料を使うのが主義。他メーカーから仕入れる商品でも、味のメインになる肉や野菜は国産を使った商品が多いです。

それゆえにスーパーの冷凍食品より割高だけど、私は輸入食品の安全性がちょっと心配なので、メインのおかずにするものはパルシステムで買うようにしてます。

他に注文したものは産直トマト、こだわり酵母食パンです。

トマトの値段

こだわり酵母食パンの値段
こだわり酵母の食パン、すごくおいしいんですよ〜。話が長くなりそうなので、別の機会に紹介しますね。

パルシステム「コトコト」きなりとどこが違うの?

2017年06月14日
パルシステムのカタログ紹介、コトコト編です。私は普段きなりを利用中で、じっくり見比べると細かい違いをたくさん発見しました。


※当ページの画像は公式サイトのカタログサンプルをスクリーンショット撮影したものです。

コトコトは写真が大きめ、読みやすさ重視。


パルシステムの公式サイトによると、コトコトの食品掲載数は約660品目。きなりの約700品目より少ないです。(洗剤、台所用品などの雑貨掲載数はきなりと同じ)

掲載数が少ない理由は、写真が多いせいかも?コトコトの紙面は盛りつけ例の写真、おすすめポイントの説明が多いです。たとえばレトルトのお総菜は「野菜を加えてメインのおかずに」「パンにも合います」など、調理やアレンジのアドバイスが。お料理経験が少ない人に便利そう。

あと掲載数が少ない分、カタログチェックが早く終わるかも。きなりは結構ボリュームがあり、忙しい時は流し読みで済ませることも…。忙しいママさん向けに特化してるのかもしれません。

洋食のお総菜、軽食が充実



コトコトはフライ、ハンバーグ、唐揚げなど、洋食のお総菜が目立ちます。メインのおかずに使えるものから、お弁当向きの小さな揚げ物まで豊富。

揚げ物は手の混んだ商品もあります。たとえばパルシステム産直鶏のフライドチキン、チーズをシュウマイの皮で巻いた揚げ物など。ここらへんはお酒のおつまみにも合いそう。

レンジで温めるだけの主食コーナーも、コトコトは洋食のパスタ、ピザが中心です。うどんやそばの種類は少なめ。きなりはあっさり系の麺類、チャーハン、タンメンなどもあります。

カップ入りデザートやお菓子はコトコトに軍配


コトコトはスナック菓子、ゼリー、ヨーグルトの取扱数が多い!!子どもが食べきれる小さなお菓子は、コトコトの方が充実してますね。


スナック菓子で人気があるのは、パルシステムオリジナルのポテトチップスです。お裾分けで食べたことがありまして、あっさりした味つけがおいしかった!!きなりにはほとんど出ないのが残念…。

きなりのお菓子コーナーは渋い品揃えです(笑)カステラ、あんみつ、くるみゆべしなど、和菓子がいろいろあります。

コトコトはこんな人におすすめ!


・フライ、パスタ、ハンバーグなどの洋食が好きな人。
コトコト掲載のお総菜は、脂肪分の高い洋食が中心。ヨーグルト、プリンなどのデザートも充実です。

・お弁当のお助けアイテムが欲しい人
冷めてもおいしい、しっかりした味のお総菜がたくさん。お弁当サイズに切ってある鮭の切り身は便利です。

・お料理初心者さん
コトコトの青果はスーパーでおなじみの定番野菜が中心。掲載食材を使ったレシピも豊富です。

パルシステム「きなり」利用ユーザーによる徹底解説

2017年06月14日

パルシステムにはカタログが2種類あり、新規加入時に「きなり」か「コトコト」どちらか選ぶことになります。でも好きな方を選んで!て言われると迷いませんか?

そこでこのページではきなりユーザーの管理人が、カタログの傾向をご紹介します。

きなりは商品掲載数が多い


パルシステムの公式サイトによると、きなりの食品掲載数は約700品目。コトコトは約660品目です。


きなりの紙面は文字と商品がぎっしり。青果ページでは生産者さんのお話を顔写真入りで紹介しています。有機栽培や低農薬野菜を推すだけあって、農薬や化学合成肥料への言及が多いですね。

表紙は商品PRのほか、安い食品の実態や環境汚染について考えたり、料理研究家やジャーナリストへのインタビューが掲載されることもあります。食についての知識が深まるコーナーです。

和食に欠かせないお総菜が充実



きなりは全体的に和食のお総菜が多いです。漬け物、箸休めになる煮豆や昆布の佃煮、五目がんも、茶碗蒸しなど、ご飯と味噌汁に合うものが目立ちます。

パルシステムの魚は冷凍か干物が多いけど、おすすめ商品は収穫したてを添加物不使用で加工するから、スーパーで買うのとは違う味。ちょっとしたご馳走です。

もちろんフライ、唐揚げといった洋食のお総菜もありますが、その横につくねや餃子が並んでたり。きなりの商品紹介は、和洋中のバランスが取れてる印象がします。

老舗有名店の人気商品を1点から注文できる


きなりはお取り寄せグルメに力を入れています。日本全国に名前が知られている老舗有名店、名産品メーカーと提携して、1個単位でお取り寄せ品を販売します。


お取り寄せグルメを通販で注文すると、一人暮らしでは大変なことありませんか?5〜6食入りがほとんどだから、食べ終わる頃には飽きてしまったり。

きなりなら、お取り寄せグルメを1個単位で注文できます。しかもパルシステムの食材と一緒に届くから、送料を気にする必要なし。こだわりの味を手軽に楽しめます。


この週は梅干し特集と名産品特集の2本立てでした。

きなりは梅干し、味噌の手作り提案に力を入れていて、仕込み時期が近づくと販売開始時期を予告します。毎年、梅は週をずらして5〜6種類販売しますね。カタログを見てると楽しそうで、去年梅仕事デビューしました(笑)

きなりはこんな人におすすめ!


・和食が好きで、ご飯と味噌汁に合うおかずが欲しい人。
きなりはがっつり系のおかずに加えて、お米と相性が良いお総菜も充実してます。

・少々割高でも美味しいものを食べたい人。
カタログの巻頭特集はお取り寄せグルメの他、お酒のおつまみ特集も。たまりません(笑)

・野菜は有機、もしくは低農薬を選びたい
きなりの青果は、有機JAS認証を取得した「コア・フード」の掲載数が多め。スーパーの野菜と食べ比べるとおもしろいですよ。
< 1 2 3 4 >
↓↓人気食品がついてくるお試しセット↓↓
パルシステム おためしセット
↓↓無料の資料請求はこちら↓↓
生協 宅配
プロフィール
管理者:はなえ

40代女性、横浜市在住。パルシステムの利用歴5年。カタログはきなりを使ってます。茨城の実家も加入中です。

※お願い※
ブログで紹介した商品の値段は、注文時点のものです。青果は産地の天候や収穫状況、加工食品は原料の価格変動に大きな影響を受けます。あくまでも参考としてご覧ください。
2017年 09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
サイト内検索
リンク集